善玉菌 増やし方

善玉菌を増やす方法

善玉菌の研究が進むにつれ、現在では乳酸菌の中で、
最も重要な存在はビフィズス菌であることが分かってきています。

そのビフィズス菌の一番の栄養はオリゴ糖、でんぷんや乳糖です。

従って、善玉菌を増やすには、オリゴ糖やオリゴ糖を豊富に含む食品
(大豆、たまねぎ、納豆等)、 牛乳やヨーグルト類を積極的に食べることが大事です。

毎日続けて食べることで、ビフィズス菌の増殖が続き、腸内環境がより良好に保たれます。

悪玉菌を減らすには

腸内環境を整え、良好な状態を保つためには、善玉菌を増やす一方で、
悪玉菌を減らす努力も大事です。

悪玉菌にとって最高の栄養はたんぱく質と脂肪です。

悪玉菌を増殖させない為にも低タンパク、低脂肪の食事内容を心がけることが大切です。

ちなみに、悪玉菌が優勢になると腸内で引き起こされることは・・・

腸内腐敗が進む
アンモニア、硫化水素、インドール等有害物資を過剰生産
ニトロソアミン等発ガン物質の産生量が増大
下痢や便秘が起こりやすくなり放置すると慢性化する
総合的に免疫力が低下、感染症を引き起こしやすくなる
肝臓に過度の負担がかかる

など、悪玉菌優勢の腸内は、病気になって当然のような状況なのです。

いかに善玉菌を優勢に保つことが健康の秘訣であるか分かります。

ビフィズス菌は胃酸に弱く、腸に定住しない

ビフィズス菌で発酵されたヨーグルト等の発酵乳製品を積極的に食べて、
善玉菌(ビフィズス菌)を増やす努力は大事ですが、実は口から入った
ビフィズス菌は胃酸でかなりの量が死滅してしまいます

できるだけ、胃酸をくぐりぬけ、生きたまま腸迄たどり着くように工夫された
ビフィズス菌食品を食べましょう。

さらに、ビフィズス菌は腸に定着せず、排出されてしまうことも分かっています。

ですから、生きたまま腸まで届いたビフィズス菌を元気に増殖させる、 一番のエサである
オリゴ糖を補給すれば、腸内のビフィズス菌がより増殖し、悪玉菌を抑えてくれます

 

日本で一番選ばれている天然オリゴ糖について詳しく知りたい方はこちら